一戸建て住宅のメリットとデメリット

一戸建て住宅のメリットとデメリット

 

 

理想のマイホーム像はやはり一戸建てです。

ですが、もちろんメリットばかりではありません立地条件の厳しさなどデメリットの把握も大切です。

 

 

 

土地が大きな資産になる

 

マンションの一~のデメリットは「資産価値の下落幅が大きくなりがちなこと」でした。

つまり衷を返せば、一戸建てのメリットは「資産価値の高さ」ということです。

これは建物~ではなく、おもに土地の価~を意味します。

建物は建てられてからの年数とともにだんだん消耗していきますから、述物そのものはさほど~産になりません。

しかし、土地は価格こそ変動しますが、建物のように老朽化しないので基本的な価値は変わらず、大きな資産となります。

土地の価値以外にも、“自分の家を持った”という精神的な安定感が得られたり、隣に住んでいる人たちに対して集合住宅以上のプライバシーが確立できたりするのは、一戸建てならではの利点です。

また、注文住宅なら自分たちの方/望を多く盛り込むことができ、これも決まった問取りから選ぶマンションにはないメリットの一つでしよう。

 

 

コストパフォーマンスの問題

 

デメリットは、あまりよい立地条件が望めない点です。

さらに、立地面を多少妥協しても土地代と述築~がかかるので、都心部や都心に近い土地ではどうしても予算がかさみます。

また、建売住宅を中小規模の業者から買った場合、大手業者からマンションを買うときよりも業者の倒産リスクが人きくなります。

その業者が保証制度を利用していれば安心ですが、そうでなければ住み始めてから欠陥があったときの保証が受けられないケースもあるのです。

 

カテゴリー: マイホーム タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です