マイホーム取得費用の支払い時期と全額

 

マイホーム取得費用の支払い時期と全額

 

 

マイホームの取得費用の支払いは何度かに分かれます何の費用がどの時点でかかるのかという流れは、ローンを組むタイミングにも影響します。

 

何回かに分けて支払う

住宅を購入するときの費用は、ほとんどの場合一度に払うものではありません。
売り主との間で決めた契約に、スケジュールを決めて払うことになります。
建売住宅や新築マンションを購入するなら、購入中し込みのときに中込金、契約時に手付金、引き渡しのときに残金を払うという流れが一般的です。

多くの~合、いわゆる「頭金」を現金で用意し、残りは融資金、つまり住宅ローンで借り入れたお金で支払います。

 

 

注文住宅のローン計画に注意

注文住宅の場合はまず、土地を持っていないなら、土地取得の費用が必要なります。
また、設計を設計事務所に依頼する場合は、設計料込みのハウスメーカーとは違い、別途払う必要が生まれます。

 

設計料は3回に分けて払うことがほとんどです。

契約時と設計完了特にそれぞれ3分の1ずつ、その後、完成した家の引き渡し、残りを支払います。

設計料は住宅ローンの対象にはならず、現金で用意しなければならないので注意しましよう。

 

 

業者の見積もりを参考に

 

住宅ローンを組む場合は、ローンを踏まえた支払い計画を立てます。

通常は、いくつかのローンをシミュレーションした説明があるので、その中から自分たちに合った方法を選んで決めましよう。

 

 

住宅ローンについての基礎知識を身に付ける

 

貯蓄で足りない住宅費用は、住宅ローンで支払うことになります。

ローンの仕組みや借入先の違いなどを理解し、吟味して選ぶことが大切です。

 

 

貯金では足りない額を補う

すベて現金で用意できればいいのですが、貯めるまでに時間がかかり過ぎて、現実的ではありません。
そこで、貯金では足りない住宅費用を、住宅ローンを組んで支払います。

ローンと聞くと“借金”のイメージが強いですが、現金で家を返る買える人はごく稀なのでさほど心配はいりません。

 

 

カテゴリー: 費用 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です