外壁塗装と屋根塗装

外壁塗装と屋根塗装

 

屋根は璧以上に重要な場所

 

壁と異なり星根は目につかないので普段はあまり気にならない場所ですが、璧以上に雨風や日光など過酷な環境にざらされているため、知らず知らずの間に劣化が進んでいることがあります。屋根のメンテナンスをしっかりしておけば、雨漏りから家を守り、耐久性をアップさせてくれるだけでなく、暑い夏でも快適に過ごせる住空間にできます。

 

温度変化の被害も塗装がガード

 

日光が照りつける真夏は屋根が暑くなり材料自体が傷んでしまいます。
逆に冬場は屋根が冷やされるため、凍りついて屋根を劣化させる原因になります。
洋風住もに多いスレートRきの屋根は、定期的な塗装をすることで永く品質を維持することができます。

 

蒸し暑い夏が快適に

 

夏場の屋根の表面温度は70度になると言われ、室内が蒸し暑くなってしまいます。
最近はこの屋根の温度上昇を抑える遮熱塗料という商品が登場しました。
遮熱塗料を塗ると屋根の温度は下がり、屋根うらの室内の温度を下げることができます。
家によっては体感温度を丈きく下げる効果があり、快適性をアップさせることができます。

 

カテゴリー: 屋根 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です