外壁塗装の種類や耐用年数をサーチ!

外壁塗装の種類や耐用年数をサーチ!

 
塗装種類の特徴と塗り替え時期の目安を価格の高い順にご紹介します。
フッ素:価格は高いが最も耐久年数が長い塗料。防汚性にも優れる。15~20年

シリコン:弾力性があり耐久性能が高いため長期間の対応向き。最近の主流。13~14年

ウレタン:光沢があり厚く塗リやすい。価格と機能のバランスが良い塗料。7~10年 1

アクリル:安価で10?20年前までは最も一般的に使われていた外壁塗装材。5~7年

 

 

1・長い目で見れば確実に経済的

気になるのは塗り替え工事にかかる費用ですが、信頼できる業者を選んで通切な塗料の選択をすれば、建て替えや不要な修理工事をする必要なくなる分、経済的です。この先も家を長く便いたいなら、一回の工事にかかる費用が多少高くても長持ちする塗料を便ったぼうが、結果的にずいぶん割り安になります。

2・工事中の臭いが無くなった

昔は油性の溶斉を使った塗料が多かったので、塗装工事と言えばシンナーの嫌な臭いが立ち込めたり、環境の心配がありました。
今の塗料は水で伸ばす水性塗料が主流になったため、具いも無くご近所に迷惑をかける心配が要らなくなり引火による火災の心配もありません。

3・塗り替えは地球にやさしいリフォーム

外壁や屋根の塗り替えをすれば、大切な冢を美しく長く使うことができます。また住まいの快適性を高めることで省エネ効果?期待できます。このように塗装は家の建て替えに傅う廃材を減らし、大切な森林を守ることができるため、地球環境を守るためにとて大切な役割を果たしていると言えるのです。

 

 

その他

 

塗料の種類には大吉く分けてアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の種類があり、順に耐又性能が高くなります。
10~20年前はアタリル、ウレタン塗料が主流でしたが、今はシリコンが最も多く使われています。また、同じ種類でUVカット技術力進み塗料の劣化が起きにくく進化していますので、以前よりは耐候性能が高くなっています。

 

カテゴリー: 外壁 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です