一戸建て住宅のメリットとデメリット

一戸建て住宅のメリットとデメリット

 

 

理想のマイホーム像はやはり一戸建てです。

ですが、もちろんメリットばかりではありません立地条件の厳しさなどデメリットの把握も大切です。

 

 

 

土地が大きな資産になる

 

マンションの一~のデメリットは「資産価値の下落幅が大きくなりがちなこと」でした。

つまり衷を返せば、一戸建てのメリットは「資産価値の高さ」ということです。

これは建物~ではなく、おもに土地の価~を意味します。

建物は建てられてからの年数とともにだんだん消耗していきますから、述物そのものはさほど~産になりません。

しかし、土地は価格こそ変動しますが、建物のように老朽化しないので基本的な価値は変わらず、大きな資産となります。

土地の価値以外にも、“自分の家を持った”という精神的な安定感が得られたり、隣に住んでいる人たちに対して集合住宅以上のプライバシーが確立できたりするのは、一戸建てならではの利点です。

また、注文住宅なら自分たちの方/望を多く盛り込むことができ、これも決まった問取りから選ぶマンションにはないメリットの一つでしよう。

 

 

コストパフォーマンスの問題

 

デメリットは、あまりよい立地条件が望めない点です。

さらに、立地面を多少妥協しても土地代と述築~がかかるので、都心部や都心に近い土地ではどうしても予算がかさみます。

また、建売住宅を中小規模の業者から買った場合、大手業者からマンションを買うときよりも業者の倒産リスクが人きくなります。

その業者が保証制度を利用していれば安心ですが、そうでなければ住み始めてから欠陥があったときの保証が受けられないケースもあるのです。

 

カテゴリー: マイホーム | タグ: , , , | コメントする

マイホーム取得費用の支払い時期と全額

 

マイホーム取得費用の支払い時期と全額

 

 

マイホームの取得費用の支払いは何度かに分かれます何の費用がどの時点でかかるのかという流れは、ローンを組むタイミングにも影響します。

 

何回かに分けて支払う

住宅を購入するときの費用は、ほとんどの場合一度に払うものではありません。
売り主との間で決めた契約に、スケジュールを決めて払うことになります。
建売住宅や新築マンションを購入するなら、購入中し込みのときに中込金、契約時に手付金、引き渡しのときに残金を払うという流れが一般的です。

多くの~合、いわゆる「頭金」を現金で用意し、残りは融資金、つまり住宅ローンで借り入れたお金で支払います。

 

 

注文住宅のローン計画に注意

注文住宅の場合はまず、土地を持っていないなら、土地取得の費用が必要なります。
また、設計を設計事務所に依頼する場合は、設計料込みのハウスメーカーとは違い、別途払う必要が生まれます。

 

設計料は3回に分けて払うことがほとんどです。

契約時と設計完了特にそれぞれ3分の1ずつ、その後、完成した家の引き渡し、残りを支払います。

設計料は住宅ローンの対象にはならず、現金で用意しなければならないので注意しましよう。

 

 

業者の見積もりを参考に

 

住宅ローンを組む場合は、ローンを踏まえた支払い計画を立てます。

通常は、いくつかのローンをシミュレーションした説明があるので、その中から自分たちに合った方法を選んで決めましよう。

 

 

住宅ローンについての基礎知識を身に付ける

 

貯蓄で足りない住宅費用は、住宅ローンで支払うことになります。

ローンの仕組みや借入先の違いなどを理解し、吟味して選ぶことが大切です。

 

 

貯金では足りない額を補う

すベて現金で用意できればいいのですが、貯めるまでに時間がかかり過ぎて、現実的ではありません。
そこで、貯金では足りない住宅費用を、住宅ローンを組んで支払います。

ローンと聞くと“借金”のイメージが強いですが、現金で家を返る買える人はごく稀なのでさほど心配はいりません。

 

 

カテゴリー: 費用 | タグ: , , , , , | コメントする

外壁塗装工事の流れをご紹介

外壁塗装工事の流れ

 

 

塗装工事の流れを簡単にご紹介します。

 

1・近隣挨拶

工事前に、ご近所の方への挨拶迴りをさせて頂きます。
・エ期について

・音について(持に高?洗淨時などに大吉な音を発生させてしまいます)

・臭いについて(具いの少ない水性塗料を勧めていますが、外壁以外の部分には具いの発生する塗料を便う可能性があります)

 
2・力ーポート、テラス屋根の取り外し

足場を立てる際力ーポートやテラス屋根が干?する場合は、工事期間中屋根材を取り外し保管します。塗装が終わり足場を解体したら復旧します。

 
3・足場組み立て

安金な作業のために足場を組み立て、足場金体にメッシュシートを掛けていきます。メッシュシートの目的は、塗料や埃の飛散防止と塗装職人の安金確保のためです。

 
4・外壁洗浄

外壁に付蓍したカビなどの長年の汚れや網戸に溜まった汚れも洗浄で隅々まで落とします。
塗料と外壁をしっかり密蓍させ、美しい仕上がりにするために欠かせないステップです。

近隣に一香迷惑をかける作業ですので、ご理解を頂けるよう努めます。

 

5・養生

塗装をしない箇所をビニールでカバーする作業を養生と言います。

塗料がつないよう車やバイク、自転車にビニール養生を被せます。

 
6・下地処理

璧の亀裂や欠けを補修する下地処理があります。弱い下地の上にいくら高値で良い塗料を塗っても長持ちしません。
下地の状態が完璧になるまで繰り返し処理します。その後、塗装の工程に移る前に見落としがないかチェックします。

 

 

カテゴリー: 外壁 | タグ: , , | コメントする

外壁塗装と屋根塗装

外壁塗装と屋根塗装

 

屋根は璧以上に重要な場所

 

壁と異なり星根は目につかないので普段はあまり気にならない場所ですが、璧以上に雨風や日光など過酷な環境にざらされているため、知らず知らずの間に劣化が進んでいることがあります。屋根のメンテナンスをしっかりしておけば、雨漏りから家を守り、耐久性をアップさせてくれるだけでなく、暑い夏でも快適に過ごせる住空間にできます。

 

温度変化の被害も塗装がガード

 

日光が照りつける真夏は屋根が暑くなり材料自体が傷んでしまいます。
逆に冬場は屋根が冷やされるため、凍りついて屋根を劣化させる原因になります。
洋風住もに多いスレートRきの屋根は、定期的な塗装をすることで永く品質を維持することができます。

 

蒸し暑い夏が快適に

 

夏場の屋根の表面温度は70度になると言われ、室内が蒸し暑くなってしまいます。
最近はこの屋根の温度上昇を抑える遮熱塗料という商品が登場しました。
遮熱塗料を塗ると屋根の温度は下がり、屋根うらの室内の温度を下げることができます。
家によっては体感温度を丈きく下げる効果があり、快適性をアップさせることができます。

 

カテゴリー: 屋根 | タグ: , | コメントする

外壁塗装サーチ 失敗しないために

外壁塗装サーチ 失敗しないために

 

1.塗装メンテナンスで耐久性アップ

屋根や外壁の塗り替えは家の美観を保つことだけが目的ではありません。建物の屋根や壁などの建材は塗装の皮膜によつて守られており、その皮膜にも吾命力4’あるので定期的な塗りかえがあります。
塗り替えのサインを見逃さずにメンテナンスすれば建物の耐久性は大幅にアップします。
2・塗装が持つ雨漏り防止効果

新築する時に俚われる外壁や屋根の材料は、すでに塗装されたものを便いますが、年月の経過とともに塗装膜力少しづつ劣化してい芝ます。
塗装膜が劣化すると、下地が金属の場合、セメントの場合しみこむなどの問題につながり、ついには雨漏りに発展することもあります。家の耐久性を弱める雨漏りを防ぐことが長持ち住ものポイントです。
3.ひび割れしない弾力塗料

塗装した塗料がひび割れすると住まいを劣化させてしまいます。
弾力性を持ったひび割れしにくいタイプの塗料を使えば、ゴムのように伸びて建物や壁の伸縮にある程度対するので、家の寿命を長持ちさせる効果が期待できます。
また、塗料の下塗りを厚く塗ることで効果をさらに高めることができます。

 

カテゴリー: 外壁 | タグ: , , | コメントする

外壁塗装の種類や耐用年数をサーチ!

外壁塗装の種類や耐用年数をサーチ!

 
塗装種類の特徴と塗り替え時期の目安を価格の高い順にご紹介します。
フッ素:価格は高いが最も耐久年数が長い塗料。防汚性にも優れる。15~20年

シリコン:弾力性があり耐久性能が高いため長期間の対応向き。最近の主流。13~14年

ウレタン:光沢があり厚く塗リやすい。価格と機能のバランスが良い塗料。7~10年 1

アクリル:安価で10?20年前までは最も一般的に使われていた外壁塗装材。5~7年

 

 

1・長い目で見れば確実に経済的

気になるのは塗り替え工事にかかる費用ですが、信頼できる業者を選んで通切な塗料の選択をすれば、建て替えや不要な修理工事をする必要なくなる分、経済的です。この先も家を長く便いたいなら、一回の工事にかかる費用が多少高くても長持ちする塗料を便ったぼうが、結果的にずいぶん割り安になります。

2・工事中の臭いが無くなった

昔は油性の溶斉を使った塗料が多かったので、塗装工事と言えばシンナーの嫌な臭いが立ち込めたり、環境の心配がありました。
今の塗料は水で伸ばす水性塗料が主流になったため、具いも無くご近所に迷惑をかける心配が要らなくなり引火による火災の心配もありません。

3・塗り替えは地球にやさしいリフォーム

外壁や屋根の塗り替えをすれば、大切な冢を美しく長く使うことができます。また住まいの快適性を高めることで省エネ効果?期待できます。このように塗装は家の建て替えに傅う廃材を減らし、大切な森林を守ることができるため、地球環境を守るためにとて大切な役割を果たしていると言えるのです。

 

 

その他

 

塗料の種類には大吉く分けてアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の種類があり、順に耐又性能が高くなります。
10~20年前はアタリル、ウレタン塗料が主流でしたが、今はシリコンが最も多く使われています。また、同じ種類でUVカット技術力進み塗料の劣化が起きにくく進化していますので、以前よりは耐候性能が高くなっています。

 

カテゴリー: 外壁 | タグ: , , , | コメントする

マイホームを売るときどんな税金があるか

マイホームを売るときどんな税金があるか

 

 

せっかく手に入れたマイホームですが、手放すときが来ないとも限りません。売却益が大きい場合は譲渡所得が課税対象になることがあります
特例をフルに使って非課税に

譲渡所得の算出方法

「譲渡所得」とは、譲渡による所得のことで、対象は不動座に限らず著作権など形のないものも含まれます。

譲渡所得の額は、まず譲渡による収入から取得を引き、さらに特別控除額3000万を差し引いた額です。収得は家や土地の購人費のことですが、減価償却費相当額がかれるので注意してください。

 

不動産所得は総所得の一部として課税されますが、土地の譲渡所得はそれ以外の所得とは別で(分離課税)、所得税と住民税がそれぞれ課税されます。また、この譲渡所得は短期において課税方法が興なります。

 

マイホームを譲渡した場合、その収入から取得を引いた額のうち3000万円以下は非課税という特別控除があります。3000万を超えていても、課税されるのは超過分のみ。

もし土地を10年を超える期問所有していた場合は、税率の軽減が受けられます。

特別控除の3000万円を差し引いた譲渡所得の額が6000万以下であれば、所得税が税率15%から10%に軽減されます。

3000万の特別控除も減税率の特例も、確定しんこくをしなければ適用されません。

必ず行いましょう。
古い家の取得費は計算する?

100年以上前に建てられた家などの場合、取得費がいくらだったか調べられないことが多いでしょう。取得費が不明のときは売却額の5%が取得費になります。実際の取得費がそれ以下でも5%の額でOKです

 

カテゴリー: マイホーム | タグ: , , | コメントする

外壁工事の工程が始まってからの施主の立場と役割

外壁工事の工程が始まってからの施主の立場と役割

工事が始まったら、あとは完成を待つだけ……ではありません,工事が行われている間も施主にはやるべきことがあるのです,

工事監理は建築士の仕事

興体的にやるべきことは次以降で触れますが、まずは建築士や施工業者との立場関係をはっきりさせることを考えましょう。

建築士には設計だけでなく工事の監理を依頼していますから(現場の状況をチェックするのは建築士の業務になります。
とくに事惜がない限り、逮て主からの指示はすべて建築士を通して行います。
この時点で建築士との信賴関係がきちんと築かれていなければ、工事の進行を妨げるおそれもあるので注意してください。
現場の職人との関係

建築士を通して指示するといっても、建て主が現場にないのはよくありません。

主の顔が見えてこそ、現場の職人たちの士気も上がるというものです。
工事が始まったら、建築士と一緒に現場を訪れましょう。
顔を川す頻度についても、建築士がアドバイスしてくれます。また、何か指示をしたいときは職人に言わず、建築士に伝えて適切な指示をしてもらいます。
工事中は“家主”ではない

もう一つ注意したいのが、「建て主は渡しで家主になる」ということ。
工事中の現場は危険も多いので勝手に人らず、また中に土足で人っていいかどうか確認することも必要です。
オーナー気分でふるまうと、職人も気持ちよく仕事ができず、結局は家の仕上がりにも悪影響を与えます。
現場の職人とはどう付き合うのがいい?

親し過ぎず、よそよそし過ぎず、というバランスを取るのがコツです。
たとえば、長々と話しかけて作業の邪魔をするより、簡単な挨拶程度でそっと差し入れを置いて帰るほうが、建て主の心遣いが伝わります。

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , | コメントする

外壁塗装の費用と見積り 相場は?耐用年数は?

外壁塗装の費用と見積り 相場は?耐用年数は?

 
当事者間の交渉で最終決定

このようにいろいろな公的価格がありますが、実際の売地が公的価格通りに行われることはまずありません。売却価格の相場を決めるのは実際の取引、つまり売り主と買い主の交渉なのです。たとえば公的価格より大幅に安い値段が付いた土地でも、買い手に事欠かないような状況なら、それが実際の相場となります。

値引き交渉は可能?

購人希望者の多い好条件の土地が公的価格より人幅に高くても売れるということは、逆にいえば不人気な土地には値引きき交渉の余地があるということです。売れ行きが悪く、同じ場所で何区画も売り出しているような土地なら、強気に出てみてもよいでしょう。

 

http://xn--cckyb8ika6872deu2a.com/

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , | コメントする

愛知県の外壁塗装 口コミを紹介します

愛知県の外壁塗装 口コミを紹介します

 

【40代 女性】

貴社より紹介していただいた外壁業社に屋根と外壁の塗装をしてもらいました。
塗りかえ前の屋根と外壁の状態をチェックしてもらい、見積もりをいただきました。実は現在の家を建てた
メーカーにも同様なことをしてもらってました。状態に対する診断は同じでしたが、同種類の塗装マテリアルを使用し
保証期間も同一ながら、Bの方が約15%も安かったのです。
このコストの差に貴社のやる気やポリシーを実感いたしました。B社の方はマナーもよく、塗装の進捗についてもていねいに説明してくれました。
お陰さまで、まるで新築のようになった家で新年を迎えることができます。
最後に隣の方から聞いた言葉を添えます。
「お宅さんに来ている塗装屋さんはすごく丁寧に作業をされていますね」

 

 
【60代 男性】

屋根は劣化しており、外壁は緑色の藻が生えて、何とかしたいなぁと思っていましたが、どこに頼めばいいか分からず困っておりました。
そんなとき、ネットワークさんに出会い、紹介された社長は懇切丁寧に対応していただけました。外壁
塗装の色も予めいくつかのパターンを示していただいて、とても迅速に作業がすすんで、職人さんは毎日、状況を伝えて下さり
安心してお任せできました。

屋根はピカピカに輝いていて、外壁はシャレオツで新築みたいだね、とご近所さんからも言われました。満足です、大変ありがとうございました。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , | コメントする